葉酸サプリの効果と効能で体も心もリフレッシュ@妊活だけじゃない!

赤ちゃんの為の葉酸

葉酸は主に妊娠希望者や妊婦さんに摂取を促している栄養素です。

もちろん、妊娠していない女性も男性も取り入れて欲しい栄養素なのですが、妊婦さんの必要摂取量は普通の成人必要摂取量の2倍の量が必要とされています。

妊婦さんの葉酸摂取量も大切ですが、妊娠が分かる前から葉酸の摂取が重要とされています。その理由には、妊娠初期の胎児の成長段階で葉酸が不足していると、胎児の病気に大きく関わってくるためです。タンパク質や核酸の組成を促し、細胞分裂や細胞の原状回復を手助けする役割を担っていたり、体の発育には重要な栄養素です。

葉酸は核酸の働きも助けるのですが、この核酸とは遺伝子情報の元であるDNAやRNAの事をさし、胎児の新しい細胞を作るためには必要なものなのです。

胎児にとって葉酸が最も必要な時期とは、細胞分裂が活発な時期である、妊娠初期の4週目頃からだといわれています。この時期に葉酸が欠乏すると、身体にどんな影響を及ぼすかというと、胎児への先天性の異常を引き起こすリスクが高くなります。主に二分脊椎症など、神経管閉鎖障害を引き起こしやすくなるのです。

そのため、胎児の新しい細胞が最も活発に生成される妊娠初期段階や赤ちゃんが母乳を飲んで急成長をする授乳期間である母親にとっても、とても大切な栄養素です。

現在では母子手帳にも葉酸の重要性にする内容が記載されるほど、重要視されている栄養素であります。

葉酸と鬱病

最近ではうつ病患者が増加し、うつ病で学校や仕事を休んだり、薬を服用して精神を落ち着かせている人も多く存在しています。

ニュースやTV番組でも取り入れられる内容で、健康診断でも心の病は重要視している項目のひとつです。そして、精神的な病気は誰でも起こり得る病です。うつ病の原因は精神的なものが原因と思われていましたが、食事の面で、十分な栄養素が摂取できていないことも原因として挙げられるようになりました。

ビタミンB群の欠乏によるうつ病の発症率との関係が研究で報告されるなど、心境内科でも薬の処方の前に食事の改善をすすめる病院もあるほどです。

ビタミンB群には葉酸も含まれており、神経を落ち着かせる作用があり、気分を楽にしてくれます。

実際にうつ病患者のほとんどが葉酸が不足していることが調査で分かり、今までうつ病の薬を服用して、薬の効果が6割程度だったのが、葉酸を摂取するようになってからは、9割も精神が安定しているという報告があります。また、日ごろから葉酸を摂取しているひとは、不足している人と比べても、比較的うつ病になりにくいことも分かってきました。

葉酸はうつ病の薬と同じような効果もあり、またうつ病を予防する力もあるという事です。

身体だけに必要な葉酸のイメージが強いのですが、心にも効果のある栄養素ということが研究でも分かってきているため、これからもっと注目をされ、広まっていくべき栄養素だといえます。

全身脱毛 オススメサロン

心臓病予防

葉酸は赤ちゃんや母親に摂取して欲しい栄養素としての印象が強いのですが、実は心臓病予防にも効果がある事が知られてきています。死亡率の高い一つの病気として心臓病があげられますが、それは動脈硬化によるものが大きな原因となります。

動脈硬化はホモシステインが血液の中増加していることが原因の一つで、心臓病だけでなく、脳梗塞をも引き起こす可能性があるものです。血液中に増加してしまうホモシステインはたんぱく質を分解する際に発生する物質で、健康な人の血液にもあり、アミノ酸の一つです。

年を取るごとにホモシステインが増加する思考にあり、また食べすぎによってたんぱく質を大量に分解する際にも増えすぎてしまいます。ホモシステインが増えると活性酸素を体内に大量発生させ悪玉コレステロールを酸化されてしまいます。酸化した悪玉コレステロールは白血球により外へ排出されるようになってはいますが、あまりにも大量だと処理しきれなくなり、血管に蓄積され血液の流れを邪魔して詰まらせてしまうのです。

たんぱく質を分解する際に発生する物質ですので、食べすぎによる肥満気味の人が起こりやすいといえます。
このような事が起こらないようにするには、葉酸が必要になります。葉酸はホモシステインの増加を抑え
約90パーセントもホモシステインの濃度を下げる効果がある事が研究で分かりました。

日本の食文化などのライフスタイルが欧米化しているため、年々葉酸摂取量が減少し、心臓病患者が増加しています。毎日の食事で積極的に葉酸を取り入れるほか、サプリメントを活用する事で効率よく効果的な方法で葉酸を摂取し、心臓病を予防していく事が健やかにすごすためには必要なことなのです。

永久脱毛 料金